かぴばらのわがまま気ままのほほん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯元漁火館 〜お部屋〜

<<   作成日時 : 2009/02/25 16:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今回の函館の宿は湯の川温泉の「湯元漁火館」
函館空港から5分、レンタカーで元町方面に行ってから
チェックインしました。

過去に旦那と二人で洋室に数回泊まったことがありますが
今回は旦那両親と4人で宿に1室しかない和洋室へ。
共同トイレ・洗面所(もちろんキレイに手入れしてあります)の洋室と違い
和洋室は露天風呂つきで広いと書いてありました。
まさか旦那と二人で泊まるにはあまりにも高いので
旦那の両親と4人1部屋で。
旦那父が怒りっぽいので一緒に旅行に行くのも嫌なのですが
高い宿泊料には変えられず、1晩だけガマンガマンです。

部屋は洋室と広い和室、テレビは和室側だけについてます。
画像

画像

そして部屋には露天風呂が…。
画像

画像

当然、源泉がず〜とかけ流されているのでお湯は素晴らしいです。
泉温が50℃くらいなのですが、この寒さでかなりいい感じで下がってる。
私と旦那母は足湯だけしましたが、旦那は朝風呂に入り
お湯は大浴場より良かったと、かなりご満悦でした。

このお部屋、1室しかなくて販売されたら
すぐに押さえなければいけないので大変ですが
またリピートしたいと思いました。

※余談ですが、この21日(土)は北海道は大荒れの天気。
 函館は結構、早くに天気回復したみたいで私たちは到着できましたが
 私たちが関空を出発するころ、札幌や女満別はAIR欠航。
 しかし、この日、旦那の会社の女の子が
 女満別から帰ってくる予定だったらしいですが
 折り返しする便が欠航だったので結局月曜のフライトになったそう。

 話を聞くとツアーで言ってたらしく、土曜当日は吹雪で何も見えず
 空港にいってしまうとバスも手放すことになってしまうので
 近所のコンビニでバスの中に1日缶詰になってたらしいです。
 そりゃ空港で路頭に迷うより、そっちの方がいいですよね。
 ホテルも網走のビジネスホテルを添乗員から手配してもらって
 延長で泊まった日には網走観光してたらしいです。

 私たちは100%個人手配で行くので同じ目にあったら
 ちょっと大変かも…でも得意な場所だから嬉しいかもね!
 ちなみに私は今まで100回以上は北海道に行ってますが
 いくらどっかにダイバートしますよと飛んで行っても
 よその空港に降りたことはありません。
 悪運、強いんかなぁ〜!

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
お読みいただき、ありがとうございます。
ポチっ!に感謝(^−^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まみねーさん、お帰んなさい。

北海道100回以上っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

わたしなんぞまだ1回ですよ!1回!
うちの母親も「北海道はいい!何度でもいい!」「あんだらも行ってこらんしょ!」と言ってますわ。

先立つものがねぇ。
さこう
2009/02/25 23:01
さこうさん、こんばんわ。
100回以上ですが、北海道行き始めて
それなりに年齢も重ねてますし
最近は1泊が主で回数だけが
増えてるんですよ。
先立つものは私もあまり無いですが
旦那と年いってからやったら
身体も動かんようになって
楽しもうと思ってもつまらんからと
せっせと今、行ってます。

お母さん、北海道お好きなんですね。
何かお国言葉がかわいいですね。
かぴばら
2009/02/25 23:20
こんばんはです。当ブログにコメントありがとうですm(__)m
漁火館の露天風呂付客室、ウン年前に1泊しました! かぴばらさんが泊まられた和洋室の隣です。和室オンリー、平日料金で25,000円でした。
食事も海の幸満載で、ナイスな湯宿だなあ、と、かぴばらさんのブログを拝見しながら、懐かしく思った次第です。
いっち
2009/03/12 20:25
いっちさん、コメントどうもです。

私たちが泊まった和洋室の露天風呂と
いっちさんの泊まった和室の露天風呂は
つながってるんですよね。
私たちが泊まった日は天候が悪く
JRやフェリーが運休しててキャンセルの
お客さんがあったそうです。
それでも週末なので結構たくさんの方が
泊まってらっしゃいました。
旦那の両親もこの宿はすごく気に入って
満足しておりました。
かぴばら
2009/03/13 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
湯元漁火館 〜お部屋〜 かぴばらのわがまま気ままのほほん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる