かぴばらのわがまま気ままのほほん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS つらつらと…今回の川湯でのできごと

<<   作成日時 : 2008/04/21 11:46   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

昨日、大阪に帰ってきて今、ちょっと脱力感。
今回はやはり火事のことが強烈な印象。
川湯では大騒ぎだったが、さっきネットで
北海道新聞の記事では数行のってた。


【弟子屈】二十日午前零時ごろ、釧路管内弟子屈町川湯温泉二、ホテル「風月」=鈴木義光さん(88)経営=から出火、木造二階建ての内部約千五百平方メートルと、隣接する木造平屋のヤマショウ水産の内部約九十平方メートルをそれぞれ全焼した。
 弟子屈署などによると、出火当時、ホテルには宿泊客はおらず、鈴木さんと妻(87)がいたが、逃げて無事だった。


あの夜…
私たち夫婦は夕食後、ホテル内の喫茶店で旅行雑誌を読んで談笑。
売店でアイスクリームを買い、二人で部屋で食べてから
旦那は爆睡、私は「ごくせん」を」見ていた。
「ごくせん」が終わって「ブロードキャスター」にチャンネルを変え
うとうとしていた。小1時間ぐらいたっただろうか…。

カンカンカーン、けたたましいサイレンの音。
「火元はホテル風月」大きなおじさんの声が聞こえる。
テレビかな?ねぼけて目をさますと窓の外に真っ赤な炎。
すごい勢いで燃えている。
10メートル弱の道幅をはさんですぐ向こう。
とにかく二人で洋服に着替える。
フロントからの電話が鳴り「荷物をまとめて部屋で待機しといて下さい」
荷物をトランクに放り込み、いつでも逃げれるようにする。
部屋で待機と言われたが、だんだん部屋の中まで熱くなる。
ここは3階だが、飛び降りて逃げろと言われても無理なので
旦那を説得して荷物を持ってロビーに降りる。

1階の喫茶のところに男の人が数人、家事を見ている。
外もすごい人。
懸命に消火をおこなってるが乾燥してるので火は衰えない。
今思えば、風向きがこちらに向いてなかったので
延焼を免れたが、1歩間違えれば私たちの泊ってた部屋は
間違いなく燃えている。
ホテルの従業員の人たちも自宅からほとんどの人がかけつけていた。

1時間ぐらいたってようやく火力が衰えはじめた。
延焼の心配もないであろうとの事で
火事がおきた側に面した部屋に泊まっていたお客は
新しい部屋を用意してもらった。
おふとんをひいてもらい、程なくして女将さんが
お水とお湯を持って部屋にあいさつにこられた。
本当に大変だった。

翌日、明るくなって他のホテルに泊まってた人たちも
ぞくぞく火事の現場を見にきた。
私たちも朝ごはんを食べに行った時に
マジマジと現場を目の当たりにした。
何も残らずすべて燃えていた。
私たちが初めに泊まってた部屋側の窓ガラスは
熱ですべてヒビが入ったり割れたりした。

朝ごはんを食べた後、コーヒーを飲みに1階に下りた。
大きくヒビが入った窓ガラスの所でおじさんが一人で
コーヒーを飲んでた。
あんなガラスのとこで危ないなぁと思ってたら
旦那が言うには「火事で焼けてしまったカニ屋さんのおじさん」らしい。
そういえばホテルの人とおじさんの会話で
「焼きガニやったらいくらでもある」と聞こえてきてた。
やりきれないだろう。

とにかく怖い経験だった。
けがをした人がなく、本当に良かったとつくづく思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
なんという偶然でしょう。川湯に来てらっしゃったンですね。自分もそのニュースちらっと聞いたンですが、かぴばらさん御夫妻もその近くにいたとは驚きです。ともかく御無事でよかったですね。では、まずは小田さん応援する会にはいッていただきありがとうございます。もしよかったら、そっちのブログに今回のツアーの様子でも知らせていただけると嬉しいんですが、気がむいたらお願いします。
MOCHI
2008/04/21 19:02
およっ!
また凄い経験しましたねー。
とにかく無事で何よりです。

わたしはいい年こいてますが、火事には縁がありません。<無くていい!
ほとんどそのような場に居合わせたこと無し!
けが人無しが不幸中の幸いでしたね。
さこう
2008/04/21 22:56
MOCHIさん
そうなんですよ。
川湯、行ってました。
怖い思いしました。。
でも仕切り直しで来月にでもまた行こかと
旦那と相談中です。

小田さんのコンサートですが
さすがにツアー中なので詳しい内容を
書くわけにはいかないと思うので
またおいおいでも自分の感想、書きます。
気長にお待ち下さい。
ただチケットが取れればあと大阪と札幌にも
行きたいと思っております。

さこうさん
地震も火事も体験しました。
それ思たらおやじなんて全然怖くないです。
もう2度と経験したくないですね。

たっちさんですが、個人的には接点ないです。
ただ、たまに遊びに行くのすママさんの掲示板に
たっちさんもたまに来られるのです。
そこで沖縄で手術したってカキコありました
いかにもたっちさんらしいですよね、旅先なんて。
でも臨死体験したって書いてあったから
重かったんでしょうね。
かぴばら
2008/04/22 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
つらつらと…今回の川湯でのできごと かぴばらのわがまま気ままのほほん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる